ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

これで勝てる?ぺろんのガバガバゼロサム対策【スマブラSP】

f:id:sarmon0211:20190809181428j:plain


皆さんこんにちは。ゼロサムの旦那です。


今回は、ぺろんのガバガバゼロサム対策ということで、やっていこうと思います。


いつも言っていますが、あくまで現在の1個人の考え、そしてブラピ視点での対策が多くなってしまうと思いますが、ご了承ください。それでは早速、やっていきましょう!






ゼロサムは空Nのリスクリターンがアイク並のキャラであり、ターン継続もしやすく、なによりバーストが簡単が強み。そしてゼロサムの最大の長所は言うまでもないが下Bによる防御力。


差し込み択の無さや、単発火力の低さなどは弱みとして挙げられるものの、まあまあまあといった感じ。
最近は明確な不利キャラが多分いないことで、上位勢からも注目を集めているファイターです。






差し合い

空N前押し付けがキホン。ブラピの弓で待って相手から動かしながら対空していくことが重要。

→冒頭でも言ったんですけど、ゼロサムは空Nのリスクリターンアイク並です。空N空前や空N上スマなどコンボに繋りますし、崖端だと空N下Bの即死コンボまでありながら、ガードさせても有利フレームがわずか2フレということで、この技滅茶苦茶強い。だからこそこの空Nにいかにリスクをつけていくかが重要。

幸いにもピットは空対空優秀。まずは空対空していく必要があるが、飛びを落とされない位置で振ってくる。だから弓が出てくる。自分から触りに行っても触れないので、まず相手から動いてもらって、そこで空対空していくと。


基本的にはこんな感じ。もちろんこちらの空Nに対して引きステ置いてきたり、空前で差し込んできたりするのでその辺りは注意が必要です。




復帰阻止

基本的には無理だと思ったほうがよい。
→言わずもがな下Bが強すぎる。ただ下B潰せば脆いので、下B早出しを読んで空中攻撃置いていくのはあり。また上Bは頭出がちなので、下スマ当てるポイントではある。


逆は下Bで崖下に潜り込んで上B使って復帰。
→復帰阻止は横方向に反転が出る行動しかないので、上Bに対してリスクをつけれない。基本的には下Bで潜り込んで上Bでおけ。

 


着地狩り

嫌らしく真下に粘着して着地狩り。

→下Bによる誤魔化しがとても強い上、ピットはジャンプ力がないため、下Bそのものにリスクをつけるのも難しい。よって技をすぐには振らず、真下に粘着して見ていく意識が重要。空下が面倒くさいが、ステップガードを置けばいいし、択にできてるのでよし。



基本は空N置きで択にする。
→ジャンプ上がりその場上がり通されたあとのリターンが低くなりがち。また回避上がりの位置で待つと下B飛んでくる。意識配分が難しいので、空N置きを軸に択にする、読みあいを回す。 



逆はとにかく見てから上がる。崖はなし攻撃上がりは基本当たらないので、他の上がりで択にする

→捕まりっぱにリターンが取れる技が少ないので、まず見てから上がる意識が重要。

崖はなし攻撃上がりはジャンプで透かされると即死まである。基本的にはしないこと。おすすめはジャンプ上がり。もちろん読まれたら狩られるが、持続の長い攻撃がゼロサムに少なく、上スマがあるが、それに対しては見てから対処可能なのでかなりよき。ただその後の展開キツイのでそこは考えどころですね。




拒否

ステージ中央で戦う。端ではリターンを求めないことが重要。ガードして様子見。崖狩りも弓空後で妥協する。

→ステージ中央から殺せる択がかなり少ない。ラインをとにかく意識してガード貼っていく。



撃墜

無闇に上スマ当てにいっても当たらないが、かと言って有利状況で殺せないのが難しい、という意識を持っていく。

撃墜帯まで下B釣りは取っておいて、ここぞという場面で使っていく。

焦ったら空下してくれるイメージなので、横Bパナしどころ。



ブラピゼロサムの相性

個人的には微不利。差し合いはほとんど五分近いにも関わらず、有利状況での火力差が出てしまうのが少しキツイ。

ピットは1回触ったときの瞬間火力が低いため、そのあとの展開維持、有利状況で火力を稼ぐのがキホンになるが、ゼロサムの防御力の高さから、それらの優位性が上手く噛み合ってない。よって個人的には微不利か不利が妥当かと。



その他

空N空前掴みいける。

掴みの後隙→かなりなのでリターンを求める。ダッシュ横Bは怪しいので注意。

ゼロサムの横の差し合いでのフリップには大J空Nが恐らく安定。フリップには引き横スマか上スマで対応。





おわり!