ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

「全一ピットから学んだこと!」スマメイト4期について③【スマブラSP】

f:id:sarmon0211:20190709043143j:plain


おはようございます。ぺろんです。現在AM4:30分、今日(昨日)は一日中大学の課題やってました。終わったのは3:00時。明日から滅茶苦茶スマブラします。

 

 

いきなりですが、スマブラにおいて自分は今まで、人から何かを学ぶということがあんまり無くて、ほとんど自分から何かを学ぶ、研究するということばかりやっていました。なぜかというと、単純に自分1人で物事を考えること、研究することが好きだからです。

 

今までは人から学ぶことがあんまりなかったんですけど、今期、スマメイト4期は以前とは違い、自分自身というより、人から学んだことがとても多かったです。今回はそのうちの1つ、自分が思う現在の全一ピット、ナタさんという方から学んだことについて、ということでやっていこうと思います。

 

 

 

 

まず1つ目、読みあいのまわし方の言語化

自分は当時、読みあいをしよう!考えながらやろう!と漠然と考えながらスマブラをしていました。だから当時はどうしても上手くいかなかったわけですけど、「対戦中に考えることの言語化」がどうしてもできなかったんですね。

そこでナタさんに相談したところ、ほんとに丁寧に答えてくださって、その答えは、


「技が何らかの方法でスカされたら、スカされた行動を狩れる択を考える。当てられたらその技が当たらないように間合いを管理orジャスガor技を置く。これを常に意識しつつ試合を繰り返す」

 

っていうもので、


これ滅茶苦茶分かりやすいですよね。このナタさんの返答のおかげで、自分は何となくですが、読みあいとは何なのか?考えるとはどういうことなのか?というのを知ることができました。

 


次が2つ目、確認の大切さ。

自分はさっきも言ったんですけど、当時ナタさんの配信のアーカイブを見ながら勉強してました。そこで自分のピットと1番の差が出てると思ったのが、確認してるかどうかです。確認っていうのは全ての場面、立ち回り着地崖全ての場面においてです。

 


ナタさんのアーカイブ見れば分かると思うんですけど、ほんとに立ち回りが綺麗ですよね。見てて滅茶苦茶スマブラが上手く見える。なぜかを考えたときに、やっぱり確認してるかどうかなんですよね。

 


3つ目が、リスク管理の大切さ。

ある日、「ナタさんになってみよう!」って唐突に思って、アーカイブ見ながら実際にコントローラー持って、自分がアーカイブの中のピットを動かしてるつもりでまあ操作するというか、そういうのをやってみたんですけど、


そうしたら、ナタさんのリスク管理の凄さが滅茶苦茶分かるんですよ。例えば、自分だったら下B着地したり下スマパナしてるような場面でも、ナタさんは絶対にしない。ほんとにリスク管理が徹底してるんですね。だからやっぱりナタさんの格下処理能力とかは、ここの部分が大きいような気がします。徹底したリスク管理、甘えないことはとても重要なのだなと、認識することができました。

 

 

 


最後にまとめると、ナタさんから学んだことは、

1、考えることの言語化
2、確認の大切さ
3、リスク管理の大切さ。

この3つです。こう挙げてみると、何だか凄く普遍的で当たり前なことなんですけど、それでも自分にとっては、凄くいい学びでした。

 

 

さていかがだったでしょうか?


それでは最後まで見てくださった方、ありがとうございました!

 

今日も一日お互い、頑張りましょう!