ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

「流れを掴む立ち回りとは?」スマメイト4期に学んだこと②【スマブラSP】

f:id:sarmon0211:20190707160819j:plain


前回は「対戦システムについて」ということで話しましたが、今回はスマメイト4期に学んだことの2つ目である、「流れについて」ということで、少し話していきたいと思います。

 


毎回言っていますが、あくまで1個人、そして現在の自分の考えとなる点はご了承ください。

 


以前まで自分にはスマブラについてちょっとした悩みがあって、それが「逆転負けが非常に多く、逆転勝ちが非常に少ない」という悩みです。これのせいで勝ちを拾えきれないことや、ワンチャン掴めないことが多くて、その頃はまあ勝てない日々が続いてました。ちょうど4期の精神崩壊してたころですね笑。

 


で、「なんでこんなに逆転負けが多くて、逆転勝ちが少ないんだろう?」って考えたときに、まず思ったのが具体性をはらんでなかったこと。

 


例えば1スト先行したあとはどのような立ち回りをすればいいか、逆に1スト先行されたあとはどのような立ち回りをすべきか、他にも自分が追いついたとき追いつかれたときなど、これらの状況における立ち回りを、自分は全て、なあなあにしていたんですね。

 


これは良くないと、この具体策の無さが不安定を生んでいると、このように当時考えて、自分の中で色々仮設検証を繰り返してたんでけど、その結果1つわかったことがあってそれが、ストック差が出るタイミングで大きな精神的な変動があることが分かりました。だからこそ、そこを制するかどうかで、流れを掴めるかどうかが変わってくると、当時自分は考えました。

 

 

では具体的にストックの変わり目を制するにはどうすればいいか? これに関してはまだまだ自分も考え中な部分はあるのですが、一応今現在における結論は出すことはできました。

 

 

まずストック差があるとき、自分が先行したり逆に先行されたり、ストック差が広がるタイミングでは、基本的には弱気(守り重視)のほうがいいと思います。

 

 

何となく自分がやってて上手くいくから、と言えばそうなんですけど、やっぱり自分が先行したあとは、無駄な読みあいせずにじっくり立ち回ってリードを広げていくのがセオリーですし、逆に先行された場合も、もちろん負けてるから攻めなくては駄目なんですけど、だからといって一様に択を選択していくのは良くない。これは自分の師匠であるフィルさんも言っていました。あくまで落ち着いてじっくり攻める必要があります。だからストック差があるときは、あくまで弱気に択を選択していきます。

 


ここで大事な点がもう一つあって、それが「弱気とは何なのか?」というのを明確にしておくことです。弱気に立ち回ろうと思っても、何をするのかの具体性をはらんでなかったら間違いなく上手くいきません。これは自キャラやプレイスタイルによっても変わってくると思うので、人それぞれだと思います。

 

 

弱気に行くタイミングはストック差があるときと話しましたが、では逆に強気に行く場面(攻める場面)とはいつなのでしょうか? それは自分が追いついたタイミングです。

 


これに関してはマジで「何となく上手くいったから」です。理由なんてありません。ぺろんはその程度の男です。ただ個人的にはこれが凄くしっくりきてるので、是非とも一度お試しあれ。

 

 

最後に逆に自分がストックリードから追いつかれたとき、どうすればいいか? これは最近凄く考えてて、今自分がスマブラで1番悩んでいることです。

 


強気に行っても弱気に行ってもどうもしっくり来ない、かと言って何も意識しないでやるのも何か違う、どうすればえんや!!みたいな感じです。


ただ現在この問題には少し光が見えてきてて、ストックリードから追いつかれたときの自分の精神状態を考えたとき、焦りの感情っていうのが少なからずあると思います。だったら自分が焦っているときの立ち回りを考える、そうすれば自ずとこの問題も解決するのではないか?みたいな感じになってます。

 

 

 

 

さて長らく喋ってきましたが、まとめると、


流れを掴むためのポイント→ストックが変わるタイミングをいかに制することができるかどうか。

 

具体的には、
ストック差があるとき→弱気。
自分が追いついたとき→強気。
相手に追いつかれたとき→焦っているときと同じ対処・立ち回りをすればよい?

もちろんできる限り具体性の高いものにしていく。

 

 

 

 


さて、いかがだったでしょうか?


次回は4期学んだ主なこと3つ目、ナタさんというピット使いの方から学んだことについて話していこうと思います。

それでは今日も一日、頑張りましょう!