ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

「釣り行動でさらにリターンを伸ばそう!」ガチ勢ぺろんが考える崖狩り②【スマブラSP】

f:id:sarmon0211:20190413174838j:plain

 

 

皆さんこんにちはぺろんです。今回は前前回の続きということでやっていきます。

前々回の記事↓

www.peronnonikki.com

 

 

また「youtube見てないけどブログを見てるって人もいるのでは?」と思ったので、今回からブログの記事のTwitter投稿も再開したいと思います。

 

 


釣り行動について

 

以前、崖狩りにおける基準・基本となる考え方は、「回避上がりの位置で待って有利状況の維持に徹する」と言ったと思います。


しかしですよ、しかし回避上がりの位置でいくら待ったところで普通に考えて回避上がりしてくれないじゃないですか。「回避上がりの位置で待ってる。じゃあその場上がりしよー」みたいな感じで。


確かにその場・ジャンプ上がりを通されたとしても有利状況は続くんですけど、せっかくの崖狩りの有利状況、さらなるリターンを求めたくないですか??
ここで登場してくるのが「釣り行動」なんですね。

 

 

釣り行動とは言ってしまえば罠みたいなもんです。例えば回避上がりの位置で待ってるときに前ステを見せることで回避上がりを誘発させるとか。これがいわば「釣り行動」です。


こんな感じで、今まで自分が言ってきたのはあくまで相手手動になってしまうような立ち回りだったんですけど、この「釣り行動」を取り入れることによって自分手動で読みあいを回すことができるようになるわけです。回避上がりをするまで待つんじゃなくて、相手に回避上がりをさせるような、そんなイメージです。

 


よって「相手に回避上がりをいかにさせるか?」が崖狩りにおいては結構重要ではないか?と自分は思います。仮に回避上がりは釣れなくても、有利状況を続けることができるし、回避上がりしてくれたらその時点で読みあいを制することができるからです。要するにやり得なんですね。

 


確かに「回避上がりの位置でひたすら待つ」よりも安定性は落ちるかもしれないけど、総合的なリターンでみると、このように「釣り行動」を混ぜて崖狩りを行ったほうがいいのでは?というのが自分の意見です。

 

 

 

 


じゃあ実際の釣り行動ってどうやってしていけばいいの?

 

では実際に行う釣り行動はどのようなものなのか?これは正直言い始めたらきりがないので、あれなんですけど、例えば、前ステップ、空N、始めから寄っておく、などがぱっと挙げられます。撃墜時とかなら「小ジャンプ空後で回避誘って狩りにいく」とかもいいですね。


こんな感じで他にも沢山あると思います。今は回避上がりだけにフォーカスしましたが、その場上がり・ジャンプ上がりとかも考えていくと無数に存在すると思います。


これらのどれがいいかとか、そういうのは正直自分もよく分からないですが、とりあえず釣り行動は強いということを分かっていただければいいかなと。

 


 


総合して言えること

 

で、ここまでpart1,2と沢山説明したけど、あくまで今言ったのは仮ですし、相手キャラによっても変わってきます。


最近気づいたことがあって、それが当たり前だけど型にハマった行動をすると当たり前だけど読まれやすいということ。


横の差し合いでの話ですが、昔自分はひたすらキャラ対の通りのこと、それぞれの決まった読みあいポイントのことしか意識していませんでした。これでは簡単に自分の択が相手にバレてしまいます。型にハマりすぎるのはよくなくて、あくまで仮として考える、これは重要だと思います。


「読まれやすい」というのは相手が上手くなればなるほど経験すると思います。型にハマりすぎないことです。今までの理論はあくまで仮ぐらいで留めておくのがいいと思います。

 

 

 


いかがだったでしょうか?

あくまで自分の考えですが、少しでも参考になったのであれば幸いですm(_ _)m

 

では今回はこの辺で。