ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

「基本は回避上がりの位置で待て!」ガチ勢ぺろんが考える崖狩り①【スマブラSP】

f:id:sarmon0211:20190409170811j:plain


皆さんこんにちは、ぺろんです。


今回は崖狩り講座ということで、自分が普段どんな感じで崖狩りを行っているのか?ということを話していきたいと思います。


あくまで自分の考え、そして現在の自分の考えとなる点はご了承ください。で、こういう系はいつも長くなるんで簡潔に済ませようと思ったんですけど、やっぱり長くなっちゃったので、2回に分けて説明します。





崖狩りの基本は回避上がりで待つ!


まず有利状況での基本はいかに有利状況を維持するか、だったと思います。前の動画で言ったと思います。これを元に崖狩りを考えていくと、まず大事なのは「回避上がりの位置で待つ」です。


初心者の方なんかは正直これだけでいいです。なぜこれがいいかというと、有利状況の維持が1番しやすい、いわば「安定択だから」です。


回避上がり→そのまま狩ればいい ジャンプ上がり→着地狩り その場上がり→ライン攻めの展開へ移行すればいい。

※「着地狩り・ライン攻めのやり方が分からない!」って方は昔その辺りの解説動画(解説記事)もあげてるので、是非チェックしてみてください。



www.youtube.com


www.youtube.com



もちろん回避上がりの位置での様子見に対してそのまま触りに行けるキャラ(ゼロサムなど)に対しては、これじゃ駄目なんですけど、基本的にはこれでいいです。


で、たまにその場・ジャンプ上がりに対して直接狩りにいく択を入れるんですね。そうすると、割と通ったりとかして、結構いい感じになります。


とりあえず崖狩りにおける基準・基本となる考え方は、「回避上がりの位置で待って有利状況の維持に徹する」です。で、たまにその場とジャンプに対してもお咎めを入れると。そんな感じでいいのでは?と思います。





実際はどのようにして狩るの?(ピットの場合)


じゃあどのような技でそれぞれの上がり方を狩っていけばいいか?? これに関しては「相手が撃墜%かどうか」によって変わってきます。崖離し上がり・攻撃上がりに関しては、相手キャラによっても変わってきたりとか、攻撃上がりについては説明するまでもないので、ここでは省略します。



まず通常時(相手が撃墜%でないとき)

ジャンプ上がりとその場上がりについて。
基本的には空Nでいいです。持続も長くて当てやすい。その場上がりが極端に分かる場合(択が偏ってる場合)は、掴みで自分は狩っています。ピットの空Nってありとあらゆる場面で使うんですね。だからこそOP相殺によるダメージ低下がやっぱりあって、火力が出にくい。だから極端にその場上がりが分かる場合は掴みにいけばいい。



次に回避上がり
最大を取るなら掴み、安定を取るなら下スマ。やってればわかるんですけど、どうしても反応が遅れたり、間合いが合わなかったりとかする。掴みだとリーチ短いしめくられたら逆に反撃される。下スマだったらその辺りもカバーできてるし発生も早い。自分は結構下スマで妥協してます。





相手が撃墜%のとき 

全ての有利状況で言えるんですけど、まず大事なのが「撃墜の読みあいをする」ということです。これを踏まえた上で考えていくわけですけど、

基本的には空後の圧力をかけにいく。これでいいと思います。クラウドの崖の空後置き、これをイメージしてもらえればいいと思います。崖攻め空後に関してはpart2で詳しく説明しようと思いますが、待てない人は自分の動画のアーカイブやまさしさんのクラウドの崖攻めを見てもらえれば何となく分かると思います。


あとはジャンプやその場上がりに対して上スマなんかも狙えます。ただこれはそれなりにリスクを追わなければならないため連発はできないし、それなりに考えて振る必要性があるが、噛み合えば強い。


%がそれなり(140ぐらい)に溜まってしまえば掴みや空前も狙い目です。掴みはその場、空前はその場とジャンプに対して打っていけます。これに関しては%が溜まってないときの掴みと空Nと同じ考えというかそんな感じでいいと思います。





番外編ということでこういうのも使えるかもです。


横スマ→持続が長いからジャンプに打っていける。早期バースト狙える

デンショ→噛み合えば殺せるがリスク大

下スマ→崖捕まりにも当たり、崖上がりモーション見てから打てばその場と回避両方狩れる。たまに狙うとよさげ。






まとめ(基本的な部分だけ)

基本的なコンセプトは、回避上がりの位置で待って有利状況の維持に徹する。たまにその場とジャンプに対してもお咎めを入れる。

回避上がりには掴みか下スマ、その場とジャンプには空Nが安定ではある。

撃墜%は空後の圧力を基本的にはかけに行く。





今回は正直適当な感じの記事になってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

それではまた!