ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

「質には擬似的な上限があり、量には上限がない」ぺろんの成長理論について②

f:id:sarmon0211:20190304165646j:plain

 

昨日の続きです。昨日の記事はこちら。


www.peronnonikki.com

 

 

 

余談ですが、 Youtubeチャンネルの方にも本記事と同じような内容の動画を挙げようと思います。「文字で読むのはダルい!動画で見たい!」って方はそちらをご覧くださいm(__)m
Youtubeチャンネル👇

www.youtube.com

 

 

 

質には擬似的な上限がある。

 

昨日の記事で、実力=量×質という方程式が出てきたと思います。自分はこれが正しいとして今回の理論を考えているわけですが、自分はこれの「質」の部分には擬似的な上限があると考えています。それもわりと早い段階で。

 

 

これは単純に自分の経験からのものなので、いささか信ぴょう性に欠ける部分があるかもしれません。理由についてはまあ順を追って説明しますね。

 

 

まず1つ目が「結局ぺろんが勝てない相手のほとんどが自分よりも単純にスマブラをやりこんでる」という事実です。自分はスマブラに対する思考時間を今までかなり重視してきてきましたが、どうやらこのアプローチは間違ってたのかもしれません。現にそれで凄く上手くなったわけでもないですしね。

 

2つ目が身内との勝率状況の分析からです。自分の身内で現在スマブラに対する累計プレイ時間がほとんど同じ「AUさん」という方がいます。その方と自分の勝率を見比べてみると、自分のほうが若干高いものの、あまり大差はありません。この「若干の差」が自分が質を高めることによって生まれてきたものだと考えれば辻褄が合う気がします。

 

 

以上から「質」という要素がスマブラにおける実力において、大きく関与しているわけではない気がします。ただ前回の記事でも言いましたが、ただただ量をこなしてればいいわけではありません。これでは停滞期を抜け出すことができない。

 

ここで思いついたのが、「質には擬似的な上限がある」というものです。これは実力=量×質における「質」の部分に、上限となる数字が擬似的に決まっているということです。このように考えると自分に起きた上の事例も辻褄が合うと思います。

 

質とはあくまで自分の成長に対して拍車をかけてくれるような、そんなものだと思います。停滞期を抜け出すためには「質」を高めることが必要不可欠ではあるけど、それだけでは足りないのだと思います。

 

 

 

 

 

ここで再度量に走る

 

では結局この停滞期を抜け出すにはどうすればいいか? ここで登場してくるのが「量」という要素です。

 

上では「質」には擬似的な上限があると説明しましたが、「量」には上限がありません。まあ実際は現実時間には使える時間に限りがあるため上限がないわけではないのですが、量は質のような原理的な上限があるわけではないと思います。

 

質を高める作業を怠った状態で量に走るのでは停滞期を抜け出すことはできませんが、質をある程度高めたあとに、量に走るのには意味があるというのが現在の自分の意見です。これを進めていけば停滞期を抜け出すことができるのでは?と自分は今仮説を立てています。

 

まとめると、停滞期に入った段階でやるべきことは、まず質を高める、そのあと再度量を高めるという作業を行うことが必要なのでは?ということです。

 

自分は今停滞期真っ只中の人間です。どうすればスマブラが上手くなるのか?というのを日々考えているわけですが、とりあえず夏辺りまではこの理論が正しいとして、徹底して量をこなしてみようと思います。

 

 

 

 

 

ただ前提として環境は必要

 

 自分の上記の理論を弟に話してみました。自分の弟はテニスガチ勢の理論派プレイヤーです。↓は弟に関する過去の記事です。

 


www.peronnonikki.com

 

 

弟も上の理論には大方納得で、「テニス強豪校も下手に質を追求するよりとにかく量こなしている。」という風に言っていました。ただ前提として環境も必要であるとも言っていました。

 

例えば、ゲームは1日1時間まで!というルールがある家庭環境では量を積むなんてことは不可能ですし、自分よりも強い人がいない環境下での練習はどうしても質は落ちてしまいます。

 

確かに環境は質とか量なんかよりも、前提条件としてとても大事なもので、まずはこの「環境を整備する」というのも重要だと思います。まあ整備するといっても「どうしようもないもの」であるパターンが多いと思いますが...

 

 

 

 

 

今回は自分が考える成長理論を2回に分けて書いてみました。HSTオフレポ記事のときにも同じようなことを書いた気がしますが、先日改めて考えたので書いてみました。

 

毎回言っていますがあくまで個人的な意見ですし、現在の自分の意見です。今後変わる可能性も十分あるのでそこはご了承くださいm(_ _)m

 

とは言っても自分は基本スマメイトレート1500をさまよってるようなクソ雑魚ですので、早く自分の理論に自信が持てるぐらい強くなりたいですね。

 

では今回はこの辺で。

それではまた!