ぺろんの日記

1日1つブログかようつべ更新を目指してます。基本的に趣味のスマブラ、読書、音楽などについて書くブログです! できるだけ独自性と有用性の高い情報を届けられるようにしています。

【何が差を生んでいるのか?】Lagnel宅 2泊3日のスマブラ合宿を終えて (オフレポ)

 

f:id:sarmon0211:20180620152014j:plain

 

 

今これを書いているのは帰りの電車の中だ。

 


自分は2日前からLagnel宅のスマブラ合宿に参加していた。今はその帰りだ。

 


今回のスマブラ合宿にはたくさんの人が参加していて、色々な人と対戦した。Rudolph(ルドルフ)さん、Lagnelさんといった最上位勢の方とも対戦することもできた。

 


今回は初参加だったのだが、本当に色々なことを学べたし、貴重な経験となった。

今回は一応「オフレポ」ということで、今回のオフで学んだことや、感じたことを中心に書きたいと思う。

 

 

 

 


何が差を生んでいるのか?


今回は「スマブラ合宿」ということもあり、最初から最後までとにかくスマブラ漬けだった。また今回の参加者は1日10人規模ということもあって、たくさんの人と対戦した。


手応えとしては「思ったより勝てた」というのが正直な感想だ。しかしこの3日間で本当に全く勝てなかった相手が二人いた。LagnelさんとRudolphさんだ。Lagnelさん、Rudolphのメインキャラとは3日間で合わせて30戦近くやったのだが、本当に1回も勝てなかった。

 


まあ当たり前といえば当たり前だ。お二方は名の知れたスマブラ最上位プレイヤーだからだ。だからこそ「何が差を生んでいるのか?」という疑問には頭をかかえた。

 

 

何が差を生んでいるのか?

これに関しては本当にわからない。

 

 

 

スネークについては、「キャラ対策ができてないから!」と言い訳できるかもしれないが(できません)、対戦経験が豊富でキャラのマッチアップも確立していたゼロサムとクロムに同じ言い訳はできない。

 


マッチアップが簡易的なものであったとしても、勝てる気配が全く感じられなかったのは、当たり前だが何かしら明確な差があったのだろう。これに関しては、2番目に勝てなかったマータンさんというクッパ使いの方も同じようなことを言っていた。

 

 

「他の人にはひたすら同じ事をしてれば勝てる。しかしLagnelさんやRudolphさんとなるとそうはいかない。考えながらやらなければならない。」

 


これはマータンさんがオフ会の途中にポツりと言った言葉だ。この言葉にもある通り、どちらかと言えばこの差は技術的な差ではなく、脳味噌の差であることは確かだろう。

 

ただそこに具体性を持たせようと思ったら、言葉に詰まってしまう。読みあい理解、キャラの理解度、キャラ対策の経験値 ect… このようにそれっぽい言葉を並べることはできても、

 

「じゃあ明日からぺろんは何をすればいいの?」

という具体的な言語化に入ったときに、どうしてもわけが分からなくなってしまう。

 

 

 


だからとりあえず現時点では、「何が差を生んでいるのか分からないことが正解」ということにした。

 

要するにこれは「全てにおいて差がある」と考えて思考停止するということだ。(意味不)

 

 


今までの自分が差を感じていたレベルというのは、何かしら「明確な差」というのが存在した。ここで言う「自分が差を感じていたレベル」というのは、「スマメイトレート1500台に勝てない!」とか、「学校の友達に勝てない!」というような「本当に低いレベル」での話だ。自分の場合、身内のAUなんかがいい例だろう。

 

※AUに関しては↓の記事で少し触れてます。 

www.peronnonikki.com

 

 


これらの低いレベルでの話に共通して経験したのは、「何かしらの大きな差」が数個あったことだ。

 

現に前作のスマ4時代には「へび理論」※ を学ぶことで一気に強くなれたし、キャラの基本マッチアップを確立することで、友達に対する勝率は一気に安定した。

 

要するに今までは差を生んでいる要因(自分の弱み)がある程度はっきりしていて、それを詰めれば今まで勝てなかった相手に勝てるようになっていた。

 

 

しかし、これからはそうはいかないのかもしれない。それは自分がある程度のレベルまで来てしまったからである。だからこそ「ここを詰めれば勝てるようになる!」といった「自分の明確な弱み」がもう存在しないのかもしれないのだ。

 

 


だとしたら、LagnelさんRudolphさんと自分の差は一体どこで生まれているのか?


それは本当に細かい部分の積み重ねなのだと思う。

着地の仕方、意識の置き方、間合いの取り方など択の選択の1つ1つの細かい部分の差が積み重なって大きな差になっているのだ。


だからこそ自分は上で「分からない」と言ったのだ。恐らくこの差を1つの具体的な言葉で表現するのは不可能だ。なぜなら差を生んでいる要因が1つや2つではないから。要するに、「差を生んでいる要因がありすぎて分からない!」ということだ。

 

 

もしこれが真実だとすると、非常に残酷な話だ。
なぜならこれは非常に長い道のりだからだ。下手したら何年間も実力が停滞するかもしれい。「ザクレイ」や「えつじ」のような秀でた才能を持つプレイヤーを除くと、地道なところから1歩ずつ進んでいかなければならないのだ。ブレイクスルーまでは本当に長い道のりだ。まあこれが当たり前なのだろう。簡単に強くなれることなどないのだ。

 


今思えば、Rudolphさんから頂いたアドバイスも非常に細かいところだった。クロムの稼働範囲があーだとか、ジャンプの使い方がこーだとか。聞いた当時は「細かい部分だな…」とか思って半ば聞き流していたが、今思えばとんでもないと思う。Rudolphさんごめんなさい、反省してます。

 

 


これらは全て、直接的には勝ちには繋がらない要素だ。だがこれからは、このような細かい部分にしっかりと向き合っていくことが重要なのだと個人的には感じている。

 

 

※べび理論については、↓の記事で詳しく触れてます。
www.peronnonikki.com

 

 

 

 

 

最後にオフ会で出会った人たちのことについて簡単に書いて終わろうと思う。

 


Lagnelさん

わざわざこのような素晴らしいイベントを開いてくれて、そして初対面の自分に対して色々良くしてくださって本当にありがとうございます! また帰省するときにはオフ会参加させてください!

 


Rudolphさん

今DXのJPR的なの確認したらRudolphさん1位でびっくりしました笑 Rudolphさんには本当にたくさんのアドバイスを頂きました。本当にありがとうございます! またオフ会行くときには是非対戦させてください!

 

 

マータンさん

実はオフ会中に発するマータンさんの言動にはとくに注目してました。古参勢ならではの暗黙知がたくさん含まれてて、とても勉強になりました。今回は直接アドバイスをあまりもらう機会がなかったので、次対戦するときはまたよろしくお願いしますm(__)m

 

 


かるぴすさん

Wリドリーのくだり楽しすぎたので、身内でもやりますね笑

 

 

govaさん

今回のオフ会で一番対戦したと思う。govaさんのインクリングに勝てなかったの悔しすぎたので、また対戦しましょう! 今思ったけどgovaさんの読み方イマイチ分からないので今度会ったときに聞きますね笑

Gova Thank you!!  Let's play again!

 

 

かりんとうさん

かりんとうさんも今回のオフ会で相当対戦したと思う。かりんとうさんのおかげでフィットレ対策かなり進んだと思います! また対戦しましょう!!

 

 

その他対戦してくださった方々

対戦してくださったり、アドバイスや質問に答えてくださったりと本当に色々ざありがとうございます!!

 

 

 

 

他にも書きたいことがたくさんあるけど、全部書いてたらきりがないので、この辺りで終わろうと思う。(追々書いていこうと思います)

 

では今回はこの辺で。

それではまた!