ぺろんの日記

1日1つブログかようつべ更新を目指してます。基本的に趣味のスマブラ、読書、音楽などについて書くブログです! できるだけ独自性と有用性の高い情報を届けられるようにしています。

スマメイト18期を終えて。個人的に学んだことをつらつらと

f:id:sarmon0211:20181109212812j:plain

 

 

こんにちは! ぺろんです。

 

久しぶりの更新です! 久しく更新していませんでしたが、またぼちぼち再開しようと思います。何故更新してなかったのか、なぜ今さら再開する気になったのか、この辺りはまた後日書きたいと思います。

 

今回は今さらですが、スマメイト18期を終えての最終レートや、実際にやって思ったことなどを書きたいと思います。

 

まず最終レートから、

 

今期最終レート 1449
勝敗数 66勝 78敗 

 

こんな感じでした。

キャラは17期と同じくブラピット固定。対戦数が少ないのは帰省の関係上スマメイトができなかったためです。

個人的な感想としては、1600台の相手を倒したり、最高1550まで行ったりと嬉しい部分がある反面、目標の最終レート1500台を達成できなかったことがもったいないですね。直前までは1500台だったのに。

 

しかし今回のスマメイトではたくさんのことを学ぶことができました。大切な意識を学んだといいますか、そんな感じです。

このまま終わるのもなんかあれなので、そこら辺を紹介したい思います。

 

 

 

へび理論

見出しを見て「???」ってなった方も多いと思います。当然です、自分が勝手に作ったものですから笑 「へび理論」とは、スマメイト18期最終プレイヤーランキングで12位の「とあるへびさん」という方がおっしゃっていた、スマブラに関する考え方の総称です。先ほども言いましたが自分が勝手にそう読んでいるだけです。

 

とりあえず下の動画をご覧になってください。そこに全てが詰まってます。

www.youtube.com

 

こちらの動画を見れば分かるような説明は以下では省きます。多分

 

この動画は、自分が1300台と1400台を行ったり来たりしているときに見つけました。スマブラの動画を見ているときにたまたま関連動画に出てきたのです。これは我ながらかなり運が良かったと思います。

 

最上位プレイヤーの考え方にはいつも驚愕させられます。

自分は脳味噌おじいちゃんなので、この動画だけでは全てを理解することができませんでした。なのでへびさんの生放送にまで乗り込んで色々質問してやっと理解することができました。へびさんは本当にいい人で、自分の抽象的な質問にも親切に答えてくれました。マジで感謝しかないです。

 

そこからというものへび理論の「相手がAをしてきたら自分はBをする」のBの部分をひたすら考えました。全キャラ対策総見直しです。これは結構大変でした笑 その頃は四六時中スマブラのこと考えてた希ガス。

 

ひたすらトライ&エラーを繰り返したところ、結果は割とすぐに出ました。今まで全く歯が立たなかった1400台後半の相手に勝てるではありませんか! 

そこから勢いに乗って、キャラ対の見直しと、バーストなどの細かい部分も修正しながらスマブラをしていった結果、1600台の相手に勝ち、1500台の相手にも互角に戦えるようになりました。

 

もし自分みたいに1300台付近で伸び悩んでる方がいれば、まずへび理論を実践してみることを推奨したいです。自分みたいに上手くハマるかどうかは分かりませんが、 自分の実力向上に繋がることは間違いないと思います。

 

 

 

 

上振れと下振れは存在する

「まだ語るのかよ」と思ったかもしれません。安心してください。まだまだ語ります。

 

まず上振れ下振れとは何なのか? シャドウバースなんかでよく使われる言葉です。

上振れとは「指標などが想定したものよりも上がること」下振れはその逆です。シャドウバースにおける意味合いとは少し違うみたいですが、まあ簡単に言えば「調子の良し悪し」みたいなもんです。

 

自分には昔から疑問がありました。スマメイトプレイヤーランキングを見ていると最上位プレイヤーの人たちは、ある程度のレートまで行くとそこからパッタリと対戦をしなくなるのです。

 

「何故しないのだろう?」昔から疑問でした。自分としては「最後の追い上げじゃ!」みたいなノリで最終日に一斉に順位争いを始める... みたいなことを期待してたのですが、そういうのは全く起こりませんでした。笑

 

 

ここで少し話題を変えて自分のことについて。

確かに今期自分は前期に比べてかなり実力がついたという自負があります。しかし結果だけを見れば、1449、前期と比べて+25です。何故このようなことになったのか個人的に考えてみました。ここで上振れ下振れという結論に至りました。

 

 

自分が1300台から1500台に上がったとき、意識改革という面もあったと思いますが、それに加えて「上振れ期」が来ていたのです。だからあんなにも勝てた。あの頃は「バブル時代かよ」と言わんばかりにイケイケムード全快でしたね笑 しかし上振れ期があれば下振れ期もあります。結果はご察しの通りです。笑

 

 

うぬぼれかもしれませんが、技術面での成長は目標に足りていた。しかし上振れ下振れを自分の中でしっかり 見極めて行動に繋げる、その部分の実力が自分には足りなかったのだと思います。当たり前ですが実力不足だったのです。悔しいですが。

 

強いプレイヤーはやはり上振れを大会に合わせる、また上振れ下振れを見極める能力が高いのだと思います。達人の勘みたいなものなのかな?

 

あばだんごさんも下の動画で「上振れ下振れ」みたいな発言もされています。

www.youtube.com

 

 

どうでもいいですが、書いてて酔っ払いベッキー思い出したのでそれも載せときます

カーンっていったら、ガンッがある

 

www.youtube.com

 

 

 

スマメイトは本当にいいサイトだった

今作のスマメイトは18期をもって終了しました。スマメイトは自分のスマブラにおいて多大な利益をもたらしてくれました。このようなサイトを作ってくださった人には感謝しかないです。(その割には未だに誰が作ったのか知らない)

 

先日の任天堂ダイレクトにおいて、スマブラにレート機能が実装されることが確定しました。これによってスマメイトが無くなる、もしくは利用者がかなり減ると思います。

 

しかし自分としてはスマメイトというサイトを残して欲しい。

理由は「インタラクティブ性の高さという観点で差別化が可能だと思うから」です。

急にイキり言葉を連発しましたが、そこは気にしないで進めます。(言ってみたかっただけです。ごめんなさい)

 

もう少し具体的に説明すると、スマメイトには「紹介文」という機能があります。これは対戦した相手にメッセージを送れる、みたいな機能です。

自分はこれを利用して(本来の使い方とは違いますが)、相手にアドバイスや自分が気なったことなどを質問していました。しかし新作スマブラで「相手からナマの声をいただく機能」みたいなのは多分ないと思います。ですので自分はここで差別化ができると思います。現に自分はそういうの機能欲しいですし笑

 

書いてて思いましたが、これだとスマメイトではない、それに特化したサイトみたいなのがあったらいいですね。詳しい人に是非とも作っていただきたい(願望)

 

 

 

 長くなりましたが、今回はこの辺りで終わろうと思います。

他にも細かいところとか学んだところがあるのですが、それはまた次の機会に。

 

それではまた!