ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

YouTube依存者必見!! 自己流YouTube依存克服法!!

f:id:sarmon0211:20180709200113p:plain

 

 

こんにちは!

 

突然ですが、あなたはYouTube見ますか??

 

 

今の時代、「毎日見てる!」って人も多いのではないでしょうか?

 

その中で,

「YouTube動画ばかり見てしまい、やるべきことがやれない...」

「駄目なのは分かってるけど、どうしてもダラダラ見てしまう...」

こんな状態の人はYouTube依存症と言っていいでしょう。

 

自分は現在もYouTube依存症です。ですが試行錯誤の果てに自己流YouTube依存克服法をあみだし、よってYouTube依存をほとんど解消することができました。

 

今回はそんなYouTube依存者が書く、YouTube依存克服法!

ということでやっていきたいと思います。

 

 

 

YouTube依存の原因

YouTube依存はどうすれば克服できるのか?

 

そのためにはまず、YouTube依存の原因は何なのかを解明する必要があります。

 

 

自分は一番の原因として、「あなたへのおすすめ」という機能が原因だと考えています。

 

「あなたへのおすすめ」とは、その名の通り、今までYouTubeで視聴した動画の視聴履歴を元に、YouTubeがあなたが気に入るであろう動画を表示する機能となっています。自分の好きなジャンルに合っていそうな動画を自動で表示してくれるので、検索しなくても面白い動画に出会いやすいというメリットがあります。

これはHomeや関連動画に表示されます。

 

ここではメリットって言っちゃってますが、依存者にとってはいい迷惑ですよね笑

 

これのせいでHomeや関連動画の欄でふと目についた「あなたへのおすすめ動画」を再生してしまい、そこから関連動画のループ...

依存者の王道ですね(笑)

 

恐らく依存の一番の原因はこの「あなたへのおすすめ」ではないでしょうか?

「だったらあなたへのおすすめを非表示にすればいいじゃないか!」

と思うかもしれませんが、現在そのような機能はありません。

 

※自分の視聴動画をあなたへのおすすめに反映させなくすることはできますが、今までの反映データを消すことはできないので意味ないです

 

 

 

YouTube依存克服を考える上での前提

YouTube依存克服を考える上での前提として、

  1. 「YouTubeをほどよく楽しむこと」をの目標とすること
  2. ストレスを出来るだけ感じないこと

この2つを前提として考えています。

 

1は単純に自分の理想がこうだったから。

2は自分の経験上、ストレス負荷を計算に入れない方法は上手くいかないから。

 

少し甘すぎるかもしれませんが、理由としてはこんな感じです。

 

 

 

自己流YouTube依存克服法!

上の前提を踏まえたうえで、実際の方法について書いていきたいと思います。

 

step1 Home画面と関連動画はできるだけ見ない

これに関しては小学生でも思いつきそうな単純な内容ですが、Homeと関連動画がYouTubeループのトリガーになっているのなら見なければいいのです。

自分も普段からできるだけ見ないようにしています。自分が見るのは急上昇と登録チャンネルだけです。

 

 

step2 後で見るリストを上手く活用する

では動画を見るときはどうすればいいか? 基本的に見たい動画は後で見るリストにぶち込みます。そしてそこから再生ボタンを押して見ます。

これの意図としては関連動画を見る確率を減らすことができます。理由は見たい動画がリスト化されているため見たい動画のみが自動再生されるためです。

後で見るリストしか見ない!という風な暗示効果もあるかもしれません。

 

 

3 習慣の分析からの悪習慣の撲滅

自分がYouTubeをダラダラ見てしまう状況(曜日や時間帯など)を分析してみてください。そうするとある程度習慣化(固定化)されているのではないでしょうか?

自分がYouTubeループに入りやすい状況を把握しておくだけで相当効果があるはずです。自分の場合は平日の夜と休日の日中がYouTubeループに入りやすい時間帯なのでその時間帯には注意しています。

 

step4  YouTubeを開く習慣を作る

YouTubeを見る時間を固定化させます。要するに良い習慣を作るということです。

結局具体性が大事です。自分がYouTubeを見る時間にも具体性を持たせましょう。

自分の場合は「家事をしている間or1部の食事中」という風に決めてます。

 

ここで最重要ポイント、時間で区切らないこと!

時間で区切ると「もうちょとだけ...」となり、間違いなくYouTubeループに移行します。時間で区切るのではなく行動で区切ることをおすすめします。

 

 

step5 自分のマインドセットを紙に書いて、自分がダラダラしたときに行きそうな場所に貼る

これは自分がダラダラしたときの保険になるのと、普段からの意識の手助けになるのとの2つのメリットがあります。紙に書くマインドセットは「ダラダラしては駄目だ!」と思えるようなことなら何でもいいです。

自分の場合は、自分の上に書いたことや好きな名言、座右の銘などを書いて貼ってます。

 

 

 

 最近はYouTubeアプリすら削除してしまいました。理由はアプリを開いたときに最初に「あなたへのおすすめ」の画面が表示されるからです。自分はブラウザのお気に入りに「YouTubeの後で見るページ」を登録しておいて、そこからYouTubeを見ています。

 

いかがだったでしょうか?

今回は自分が行った自己流YouTube依存克服法について書きました。参考になれば幸いですm(_ _)m

 

今日この辺で。

それではまた!