ぺろんの日記

スマブラや自分が気になったことについて書いてます。

雨の日を少しでも豊かに① rain stops good-bye

こんにちは!

昨日フォートナイトで初めて敵をキルしたぺろんです。笑

 

 

5月、梅雨ですね...

皆さん雨は好きですか?

 

愚問な気がしますが「あんまり好きじゃない」という人が多いのではないでしょうか?

 

筆者の場合、高校生の頃は自転車通学ということもあってあんまり好きではなかったのですが、大学は徒歩通学なのでそこまで嫌いではないです。

 

 まあそんなこんなで、今回からは皆さんの雨の日を少しでも豊かにするために、

自分の「雨の日に聞きたい曲」を紹介したいと思います!

 

 第1回は、

「rain stops good-bye」

という曲です!

 

 

rain stops good-bye (No title) (2018)

www.youtube.com

 

以下歌詞

面倒だと思いながら 君は僕にキスをした
鳴き止まない 雨は穏やか 傘を閉じて 二人濡れた
その声にもう少し 抱かれていたいな
愛してる?
今すこし 口が止まったけど

叫んだ想いは きっと雨と一緒に
排水溝へ流れゆく
どれだけ素敵な 歌に乗せたって
届かない

雨が止み、君はまた 僕に背を向け歩き出す
何にも君は言わずに 僕も特に何も言わず

照りつける太陽に 傷みを覚えて
濡れた髪が乾くまで ここで立ち竦んだ

面倒だと思いながら 君は僕にキスをした
鳴き止まない 雨は穏やか 傘を閉じて 二人濡れた
その声にもう少し 抱かれていたいな
愛してる?
今すこし 口が止まったけど

叫んだ想いは きっと雨と一緒に
排水溝へ流れゆく
どれだけ素敵な 歌に乗せたって
届かない

雨が止み、君はまた 僕に背を向け歩き出す
何にも君は言わずに 僕も特に何も言わず

照りつける太陽に 傷みを覚えて
濡れた髪が乾くまで ここで立ち竦んだ

確かなことから 逃げて、躓いて
転んだ時には空が見えた
冷たい雨にも 嫌がらず打たれた
君には 届かない

叫んだ想いは きっと雨と一緒に
排水溝へ流れゆく
どれだけ素敵な 歌に乗せたって
届かない

緑が舞う日も 茜に染まる日も
もう隣には 君はいない
それでも確かに 胸がざわついてる
君のいる方向(ほう)へ

叫んだ想いは きっと雨と一緒に
排水溝へ流れゆく
どれだけ素敵な 歌に乗せたって
届かない

緑が舞う日も 茜に染まる日も
もう隣には 君はいない
それでも確かに 胸がざわついてる
君のいる方向(ほう)へ

 

 

 今回歌っている人は、「No title」という現在高校2年生のバンドです。
もし「他の歌い手のほうがいい!」という場合にはYouTubeのほうに色々あるので見てみてください!


 またこの曲、実は原作はボカロプロデューサーの「におP」という人が作曲した曲で、

実際はボカロなんです!(2008)

ボカロにしてはボカロっぽくない珍しい曲ですね笑

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

では今日はこの辺で

皆さん良いミュージックライフを!

 

f:id:sarmon0211:20180518154958j:plain